借金返済を考えてみる

債務整理で新たなスタートを

返済をすることが不可能になるほど借金が膨らんでしまった場合、何もせずにそのままにしておくとさらに状況が悪化することになりますので、行動に移すことが重要です。返済が出来ないのであれば、債務整理の中でも借金を帳消しにしてもらうことができる自己破産を選択することが賢明です。
自己破産を行なうには、裁判所に申し立てをし、破産宣告の後で免責決定をされることにより借り入れたお金を返済しなくても良くなる国の制度で、新しく再出発をすることができるようになります。

 

但し、気を付けなければならないのが、免責を受けなければ負債が帳消しにはならないということです。破産宣告が出た時点で借金を返済しなくても良い訳ではなく、あくまでも免責を受ける必要があるということは覚えておかなくてはなりません。

 

また、どのような理由で借金をすることになったのかということが問われるものであり、遊興費などのために作った借金の場合は自己破産は認められません。

 

自己破産をすることで、社会人としての生活を送れなくなるなどの噂もありますが、その多くは誤報であることが多く、例えば選挙権が無くなることもありませんし、会社に知られるようなこともありません。自己破産などの債務整理をすることに抵抗を感じるかもしれませんが、新たな生活のためには必要なことです。

借金返済に困った場合には弁護士に依頼する任意整理も検討してみましょう。